しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ かぶりすぎ。

小学6年生の女子が刺されたという事件。

塾講師、23歳、法学部4年ってぜんぶ屯田八郎と同じ。ひえ~。

僕はまさか刺しはしないつもりだけれども、状況は理解できる気がする。
想像だが、わりと顔がかわいくて気が強い女の子から、ひどく辛辣な
心をえぐる言葉を浴びせられたのではないか。恐らくは、何度も。

誰か一人の態度が、まわりの生徒を巻き込むこともよくある。
教室の信頼というか、雰囲気を取り戻すにはその子と和解するしかない。
でも子供から一度「嫌い」と思われると、挽回するのはかなり難しいのだ。

塾講師はハマるから、それが唯一の拠り所みたいになってしまう人も多い。
僕は昔そうだったし、今もまあ似たようなものだ。

あいつさえいなければ、という発想に至ってもおかしくない。


もちろん、そういうことを一瞬思ったとしても、普通は色々な縛りによって
打ち消されるはずだ。身近なところでは親が悲しむし、社会的に考えれば
塾にとてつもない迷惑がかかるし、個人的には人生棒に振るし。
それより、どんな嫌いなやつでも痛いだろうし、血が出るだろうし…。

どっかで踏み止まれなかったのかな。

とりあえず、ニュース聞いただけですごくリアルに想像してしまったので、
犯人はとんでもない異常者だ、という立場は取らないでおきたい。

コメント

屯田八郎

コメントありがとうございます。
明日はわが身、ですね。
幸い殺人事件で光景が目に浮かぶことはそんなにないけど、
社会的な手続きのチョンボなんかは、より身近な気がします。

自己弁護するなら、そういう想像力がむしろ犯罪を抑止するのではないでしょうか。

そうですね。
殺人に限らず、何か事件を起こした者をニュースで知ると、「この部分は実は自分に似ているのではないか?」と思うことがしばしばあります。そして、自分は犯罪者予備軍か?と思い愕然とします。

ニュースは犯罪者を極悪人のように描くものですが、犯罪者のいる社会も自分のいる社会も同じようなものです。

事件が起こると、それを嘆くとともに、少なからず自戒の念がわき起こったりするものだったりします。

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://shikashi.blog20.fc2.com/tb.php/60-9f6603b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。