しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ コイゴジの世界

コイゴジ、つまり「故意による誤字」はやめるべきではないか、という話。

屯田八郎はフリーペーパーやピンクチラシの間違いしか指摘できないと
思われているかもしれないので、ここらで一発、大手メディアをネタにしたい。

標的は天下の読売新聞だ。

新聞の見出しに、「アレ、この熟語ってこういう字だったっけ?」という
疑問を感じたことはないだろうか。

「五里夢中」

何かと思って読んでみると、スポーツ選手のインタビュー記事で、

「今は夢に向かってまっしぐらです!」

とか意気込んでいたりする。それをダジャレ好きの新聞記者が、
ぜんぜん違う意味の「五里霧中」と引っかけて見出しに掲げるのだ。

運悪く、そのスポーツ選手がオリンピックを目指していたら百年目、こうなる。

「五輪夢中」

もはや原型を留めておらず、読む側がしばらく考えなければならない。
不愉快だ。

このような発想(清涼飲料水の「美炭酸」など、他にも探せば色々ある)を、
敵意をこめて「故意による字の誤用」、略して「コイゴジ」と呼ぶことにする。

11月30日、読売新聞の朝刊に挟まっていたスポーツ特集「Do+Can」は、
まさにコイゴジのオンパレードといった有様であった。

以下に列挙する。ホント、途中で頭痛くなったら申し訳ない。

彩強・・・宮里藍(女子ゴルフ)

頂戦・・・佐々木明(アルペンスキー)

滑躍・・・加藤条治(スピードスケート)

豪魂・・・鈴木桂治(柔道)

瞬速・・・末続慎吾(陸上)

巧奮・・・井口資仁(大リーグ)

貫球・・・田口壮(大リーグ)

魅致・・・鈴木・原田(シンクロ)

氷舞・・・安藤美姫(フィギュアスケート)

飛勝・・・上村愛子(モーグル)

夢進・・・福原愛(卓球)

極技・・・中村俊輔(サッカー)


失礼ながら、この見出しを考えた人は何を意図していたのだろうか?
どう読むのか考え込む必要が生じる言葉を、敢えて用いる意味は?
正しい熟語を覚える段階の、子供が見ることを想定しているか?

そもそも、彼らのようなアスリートの魅力を、誰も知らない言葉で
表現する必要などどこにもないのだ。日本語はそんなに貧しくない。

面倒くさいが、上のコイゴジの元ネタを突き止めなければ気がすまないので
以下に考察する。分かったうえでボロクソ言ってやる。

「彩強」→「最強」。宮里は女子ゴルフ最強であると共に、ゴルフ界に
いろどりを加えたという意味か。

「頂戦」→「挑戦」。アルペンだから山の頂を意識しての変換と推測される。

「滑躍」→「活躍」。スピードスケートだから、カツの所で滑ってみた。

「豪魂」→確信は持てないが「闘魂」か?まさか「合コン」ではあるまい。

「瞬速」→「俊足」。短距離だから、一瞬の速さ、という字に変換。

「巧奮」→「興奮」。移籍一年目ながら、二番という「巧いバッティング」を
要求されるポジションをこなし、ワールドシリーズ優勝という「興奮」を
味わったの意。そんなら普通にそう書けばいいのに。

「貫球」→元ネタ不明。「貫通」?あるいは「緩急」か。大リーグでは
控えという辛酸をなめながら、野球人として意志を貫いた、のかな。

「魅致」→「未知」。未知の魅力か?シンクロだけに「一致」したと見られる。

「氷舞」→元ネタ不明。考えた限りでは「勝負」しか思いつかない。

「飛勝」→「飛翔」。エアで飛んで、勝つから。

「夢進」→「無心」。愛ちゃんが、夢に向かって進んでるんだ。多分。

「極技」→「曲技」。俊輔の左足、曲がるフリーキックを指していると
推測され、それを極めたから「極技」。しかし元々は「曲がる」ほうに
力点が置かれていたのに、ダジャレ化の段階で「曲」の字がなくなって
しまい、結果的にとても解りにくいコイゴジが完成している。

この「元ネタ探し」については、コメントからのご意見お待ちしております。

しかし、こんな気持ちの悪い見出しを誰が喜ぶと言うのだろうか。

コメント

屯田八郎

いや、前編わざと間違えている(シャレたつもり)ので
それはないと思いますけど。
鈴木啓二さん、いまもいい球投げますよねー。

ショーンズ

鈴木啓二(草魂、フライを打ち上げる1番打者大村が嫌い)もとい、桂司の豪魂は単に豪胆の勘違いでは?確かこんな字じゃなかったかナーって書いたんじゃなかろうか?

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://shikashi.blog20.fc2.com/tb.php/53-6b81be23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。