しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 電波系フリーペーパーJ-tracks

すごいもん、見つけた。

表紙

表紙のタイトルの下には、

  「ニッポンを発掘しようJ!」

先が思いやられる。

メインの特集は、「武田信玄にみるJ-tracks式脱コーチング術
(山梨観光ガイド付き)」

もう何がなんだか。

脱コーチング術については後ほど触れることにして、
一番腹がよじれたのがこのページ。

不定期連載企画・今昔お仕事図鑑

第一回目の今回、紹介するお仕事は、

  お仕事ナンバーNO.2:サラリーマン
  お仕事ナンバーNO.3:武士

・・・えぇ!?

さらに武士についての説明が、

  給与:100石~

ナンダコリャ???

もう企画自体が凄すぎて細かいツッコミにまで手が回らないけど、
そもそもナンバー1はどこ行ったんだ?
あと、お仕事ナンバーナンバー2ってなんだよ。

さて脱コーチング術だが、僕がヘンな挿絵に幻惑されながらも理解に努めた限りでは、部下の個人的能力を最大限に発揮させるための手段として最近注目されている「コーチング」に対して、「現代社会の組織を動かしていく上で」本当に必要とされるであろう「脱コーチング術」を提案しようという趣旨のようだ。

具体例のページでは、上司と部下の関係をタイプA(脱コーチングタイプ)と
タイプB(コーチングタイプ)に分けている。

タイプBが「個人の能力が高まったとしても組織力の向上には決して直結しない」ので限界があるのに対し、タイプAは「部下は上司の理念、目標を理解しており、上司の強いカリスマ性に惹かれているため困難な事業であろうと進むべきラインを間違えることなく確実に達成することが出来る」らしい。

もはや、ちょっと前に紹介した「怪文書」に近い内容ですらあるが、
あえて真面目に突っ込むか。組織力アップの切り札が「上司のカリスマ性」って議論はどうなの?上司が武田信玄ならそりゃ何だってうまく行くだろうさ。

さて、ここまで来ると当然気になるのがJ-tracksの正体であるが、

「J-tracksとは、大学生が中心となり、歴史と文化の考察を
通じて日本の魅力を再発見するためのフリーペーパーである。」

と宣言されている。予備校講師の伊藤正規という人物が代表を務めており、
公式サイトなどから判断するに彼の個人的魅力(カリスマ性?)によって
結びついている団体のようだ。

冊子の1ページ目には、伊藤正規代表の「正風録~進むべき道」という
コラムがある。一部引用すると、

「今回特集で取り上げた武田信玄も熱き時代戦国の世に名をはせ今でも多くの人に尊敬されている歴史上の人物であるが彼自身が己を所謂、一般に言う幸せを手にしているとは思っていなかったのではなかろうか。幸せの基準とはつまりは人それぞれに違うものであり皆に共通したものなど存在しないのではないか。」

・・・恐ろしいほどに点の少ない文章だな。

ブログもあった。http://masaki-jphw.jugem.jp/

「『翔ぶが如く』『竜馬がゆく』この二種類を同時に読み上げ幕末から明治維新その後を同時に読み連続性の中から何かを吸い上げたい。」

やっぱり点がない。

さて、とりあえず「J-tracks」については継続ウォッチングの方向で行きたいと思う。
ちなみに、フリーペーパーは渋谷、高田馬場、池袋、お茶の水で手に入るそうだ。
青学、早稲田、立教、明治の学生諸君の無事を祈らずにはいられない。

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://shikashi.blog20.fc2.com/tb.php/47-399740b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

斉藤一人のヨガ真我:超能力:カリスマ性:創業者

前号で、「ヨガ最終目標の真我:中心管の活性化」と書きました。ここ十年、ほとんど連続全国所得番付一位の漢方薬業者の斉藤一人さんも、「人生の目標は真我に到達することです」と言ってます。斉藤さんは不思議な人です。一年のうち、200日は全国の神社仏閣参りをし...

高津理絵さん スピリチュアルカウンセラー

雑誌に高津理絵さんの特集がありました。斉藤一人さんのすすめで高津理絵さんはスピリチュアルカウンセ...

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。