しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 有限実行・・・かぁ。

安倍首相が、来年の目標に「有言実行」を掲げた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061225-00000111-yom-pol

ぐはっ、よりによって有言実行とは。

そういうのはさ、亀田兄弟とか、シュシュトリアンとかが金看板として
掲げるぶんには構わないけど、一国の宰相が使う言葉ではないなぁ。

安倍首相、「今年を一文字で表すとすれば?」という質問に対して
「変化ですかね」、「責任ですね」と答えていた時もマズいなと思ったが、
だいぶ言葉のセンスがない人らしい。
(あそこで記者が「だからヒトモジだっつってんだろ!」とキレたら面白かったのだが)

だからこそ、せめて言葉に出さなくても実行に移すことで説明にかえる、
という「不言実行」くらいにしておけばいいのに。

元々こっちが正しい使い方だし。

あえて誤用(だいぶ許容されてはいるが)してまで有言実行とは、
流行りの表現で言えば「自分でハードルを上げてしまった」格好である。

しかも、安倍首相、事が成らなかったときには必ず「有言不実行」と
揶揄されるに違いない。

ダメだ。。。オチの前フリみたいな来年の目標である。

コメント

しょーんず氏、どうしたんですか。小泉「氏」なんて付けて?

安倍さんに言葉のセンスがないからといって、それだけで
首相としてダメだとか言うつもりはないんですけどね。

いま、安倍さんの言葉のセンスのなさが前面に押し出されて
いるのには、最大の原因として「思ったことを言っていないから」
ってのがあるんですよ。

それだけ責任のあるポジションについたってことなんだろうけど。

ただ、靖国に行ったかどうかについて申し上げるつもりがなくて、
北朝鮮に問答無用の経済制裁を行わない安倍晋三ってどうよ?
と思うんですよね。

郵政民営化にこだわらない小泉純一郎とか、北方領土返還問題を
棚上げする鈴木宗男とか、もしいたら魅力ないでしょう。

しょーんず@福岡

安部首相は確かに言葉のセンスが無いねー。むしろ小泉氏がありすぎたという感じもするが。。。

「美しい国」!といってみたが何をどう美しい国にしたいのかという感じである。

「主張する外交」!おそらく中韓に対して過去の問題を一方的に言われるだけでなく反論していくぞ!という意味だろうが、外交は対中韓だけでないことまで頭が回らなかったようだ。したがってhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070112-00000005-san-polこんな記事が出てきて?なのだ。

一番危惧すべきは首相がどういう路線を打ち出すのがまったく不明であることだ。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070109-00000212-yom-pol
来年の参院選まで自分を抑え、圧勝後に色を出していくのではないかと考える人もいるようだ。だが、郵政造反組復党問題(信念を通す平沼はすばらしい!)への対応や、今回の政治資金の問題への対応をみているとこのどっちつかずの状態は彼のキャラクターからくるものだと思えてくる。

個人的には小泉氏の政策のほとんどに反対だったが、彼は政策の方向性を打ち出し、それに適した人材を配し、あとはまかせるという姿勢をとっていた。それがしばしば丸投げという批判を受けたが、それこそが一国の長として、リーダーとしての仕事だと思う。小泉以前の首相というのは自民党の基本路線、党内の力学を踏まえたうえで、政策に微調整を加えていっていた。

残念ながら安部氏はこのいずれでもない。小泉氏のような決断力、胆力も無ければ、歴代首相のような狡猾さと自らこだわる政策も無い。

無いというより、最初に中韓を訪問し、なくなってしまったというところか。ただ中韓の問題だって、ただ小康状態になっただけで根本的な解決には至っていない。

そもそも中韓とくくると問題が見えにくくなる。韓国は現政権が異常なので、来年には解決するだろう(ナショナリズム<親日)。

中国は根が深い。別に反日教育が行われているのが問題の根ではない。普段は政府の言うことなど信じない中国人エリートがこと反日教育だけは鵜呑みにしているという点が根っこである。

これを解決するには、外務省のHPで日本のODAに対する正しい知識を中国語でのせることが第1歩だろう。その際注意するのはいくらあげたか、どんなプロジェクトがあったかなどという表面的情報で無く、これだけの額を金利いくらで貸しました、中国国内のインフレ率を勘案するといくらあげたことになりますといった客観的データを示すことである。中国ではODAはいずれ返さねばならない金なので援助でもなんでもないというスタンスを取っている。こういった嘘を一つずつ丁寧に解きほぐしていく方が、南京大虐殺があったかないかを論じるよりも日本のためになると思う。

それでもまだ過去のことを言ってくるなら、国連戦後65周年の際、日本は戦争に負けました→負けることは(どうやら)国際社会では悪い(ことみたいです)→負けたことは反省しました→中国にいくら、韓国にいくら実質的にあげました→(だからもう第2次大戦のことはすんだことでしょ?)というレトリックで演説をするべきである。もちろんカッコ内は言わない。こうすれば、第3国は日本の方が正当性があると認定する。中国はその後静かになる。こういった布石を打った上でなければ、靖国は日本の心の問題だという反論は意味を持たない。

現段階で靖国は心の問題だという反論は、中国の感情的ナショナリズムに対する日本の感情的ナショナリズムの反論としか受け取られない。同じ感情という土俵にのってしまっては「被害者」である中国の方に分がある。したがって日本の反論は理論的でなければならない。

これだけ複雑な問題安部首相取り組んでくれません?

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://shikashi.blog20.fc2.com/tb.php/127-bdd96bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

しらけた!それでも高視聴率のボクシング・亀田

メインイベントより弟の試合に不満!いくら何でも相手が弱すぎるやろ!

ローン

ローン情報のご紹介です。

口達者になるな:黙って実行:宮本武蔵

前号で「酢豆ひとつ10年間実行できれば、メタボリックシンドロームの大先生」と書きました。「ふざけるな。酢豆ひとつぐらいで、、」と思われる方も多いと思います。でも、そう思われる方も、健康のために自発的意思でほとんど10年間実行していることがありますかと尋ねれば

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。