しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ シエラは何処へ

「海を渡る心眼投法~岡島秀樹~」で書いた岡島が大活躍している。
うん、おれも鼻が高いよ(誰だよお前は)。

週末のヤンキース戦で土曜日にA・ロッドを、日曜日はジオンビーを
三振に切ってとったから、アメリカ人も覚えたに違いない。

そういえば、ブログでアレを書いたすぐ後に衛星放送で岡島の特集をやっていた。
高校時代の秘蔵映像やら、美人の奥さんやら、岡島ファンは垂涎ものの内容で、
彼のターニングポイントとして「あの中日戦」をあげるあたりも好感が持てた。

その番組のおかげで分かったのが、あれは99年ではなく98年だったことと、
一回に三振をとった相手は立浪ではなく、立浪を歩かせたあとの井上だったこと。

あと記事を書いたときのイージーミスで、岡島が投げきったのは9回1/3
ではなく8回1/3だった。9回以上投げてどうする。すいません。

さて、その岡島ともしも対戦したら、200%外角のカーブを空振りするか、
引っかけてサードゴロに倒れるであろう、ルーベン・シエラは元気だろうか。

24歳の時に打点王に輝き「早熟の天才」と呼ばれた男。ややクローズドに
構えて足踏みをしながら投球を待ち、42歳にもなって高々と足を上げ、
大人気ないほど踏み込んでフルスイングする、野球をする楽しさを全身で
表現するようなプエルトリコ出身のメジャーリーガーである。

彼との出会いは2002年、イチローがシアトル・マリナーズへ移籍して2年目の年。
チームの大黒柱、史上最高の指名打者と呼ばれるエドガー・マルティネスが
故障で戦線離脱したとき、代役としてDHを張ったのがルーベンだった。

一本足打法が日本の専売特許だと思っていたおれにとって、左右両打席とも
ムキになって足を上げるバッティングは衝撃的だった。
もうイチローとか目じゃない。You are not eye!(某女子プロレスラーの名言)

ルーベンは1年でマリナーズを解雇になってしまい、日本のお茶の間から
姿を消した。何とも言えない喪失感を抱いていた2004年、松井秀喜の
メジャー・デビューに合わせるかのように、ルーベン・シエラは
かつてケンカ別れをしたヤンキースに戻って来たのだ!

40歳を目前にしても大人気ないバッティングは相変わらず、この年は
代打とスタメンを行ったり来たりしながら17本塁打!何をどうすれば
そんなに打てるのか。翌05年はヤンキースの開幕4番指名打者を務めた。

さて、どうもうまく行っていないのはそれからだ。ヤンキースを解雇された
ルーベンは06年の開幕をミネソタ・ツインズで迎える。去年のツインズは
地区優勝を達成し、日本でもポストシーズンのテレビ中継があったのだが、
ルーベンは代打でも全然出てこない。おかしいなと思っていたら、なんと
7月に解雇されていたのだ!

しかもその理由が、「ノースリーから打って出て凡退し、監督の逆鱗に触れた」
というもの。そりゃ、オマエ何年野球やってんだってなるわな。
(ちなみに、プロだけで22年目)

ルーベンは07年、ニューヨーク・メッツとマイナー契約を交わした。
49歳フリオ・フランコとの最高齢クリンナップとか、サブウェイシリーズで
左右両打席本塁打とか、あるぜ!がんばれルーベン!
スポンサーサイト

■ 親分のものすごく古いたとえ

日曜の朝といえば、『サンデーモーニング』のスポーツコーナーである
「球界ご意見番」、いわゆる“喝&あっぱれ”だ。

屯田八郎が張本勲氏を尊敬しているのは何回か書いたとおりで、
毎週録りながら観ている。

昨日のハイライトはハリさんではなく、親分のコメントが最高だった。

メジャーリーグで、センターへの大飛球をフェンス際でジャンプ一番、
掴んだかと思ったら、浅くはめていたグローブが抜けて結局フェンスの
向こうに落ちてしまった。判定はもちろんホームラン。

ここで、いつものように「喝だこりゃあ!」が入ったが、問題はそのあとだ。

「死んでもラッパを放さない」って言うだろ。


戦前の「修身」教科書の定番キター!

ダイヤモンドバックスの中堅手にもぜひ聞かせてやりたい。

■ 被災地の現状 ~能登半島地震~

能登に住んでいる知り合いから、被災地の話をいろいろ聞いたので、
そのまま書いてみようと思う。だいぶショックな話が多かった。

話をきいたおじさんの家も半分くらい壊れてしまって、だいぶ参っていた
ようだけれど、彼の話では地震以上のひどいのが「人災」のほうだと言う。

あらゆる種類の「火事場どろぼう」が頻発しているらしいのだ。

まず多いのは文字通りのどろぼうで、地震のせいでドアや窓が閉まらなく
なった家に、家人が外に出た隙に入るという。骨董品や屋根のステンレス
なんかを2~3人で持っていくらしい。

災害がなくても、全国各地で金属どろぼうは出没しているそうだから、
地震なんか起こった日には「ソレイケ!」って能登に集まっているのだろう。

次に、意外だったのは「詐欺が横行している」という話。

先週末、家にいる間だけで3人来たそうなのだが、「日本保険協会です」
などと名乗り、壊れた家の査定をするなどと持ちかけるらしい。

県の者か国の者か、身分証明書を見せてくれと言うと持っていないと言い、
彼の話では「査定するようなフリをして物色している」と。
お年寄りを狙ったリフォーム詐欺のような手口もあるのだろう。

他にも形だけ大工を装い、テキトーに釘を打って金を取るとか、
ボランティアと見せかけてどろぼうとか、もう何と言ったらいいか。。。

さらに、これは間違ってもテレビでは伝わりようのない「人災」がある。

週末、おじさんの奥さんがもうご飯を作りたくないと言ったので、
コンビニの弁当でも買おうとして家を出た。

コンビニに行くと、弁当はテレビ局の関係者が買い占めてしまっていて
どこへ行っても売り切れだったと言うのだ!

テレビだけではないのだろう。新聞その他各マスコミのレポーター、スタッフが
それぞれ5人、10人と能登に入っているとしたら、弁当がなくなるのも
想像に難くない。

手ごろな料金のホテルや民宿も、それらの人々が全部押さえてしまっていて、
数日間ボランティアに来た人などが泊まれる場所もないのだという。

もっとも、そのボランティアの人も実は火事場どろぼうかもしれないけど…。

要するに、元々キャパシティの少ない場所に、ボランティアなど善意で
助けに来ている人(それもきっといるに違いない)のほかに、悪意というか
別の目的を持って来る人と、マスコミなど悪意はないのかもしれないが
結果的に邪魔な人が入ってきて、どうしようもない状態なのだ。

思うに、被災地のナマの声、今回の場合は「火事場どろぼうを何とか
してくれ!」といった意見があまり報じられないのは、そのすぐ隣に
「ワシらからすればアンタ(テレビ局とか)も迷惑じゃ!」という
くすぶりがあるからではないだろうか。

とりあえず、マスコミは人数をしぼってくれ!それに地震の翌日から
「壊れたお宅訪問!」みたいなことをやってないで、そんなんやるヒマ
あったら大々的に援助を呼びかけたらどうか。

みんなも、ひでーなーとか見てないで金かモノか送ろう。
おれはとりあえずイーバンク銀行から5000円寄付することにする。

あと、最後はほとんどヤツ当たりに近いけど、もう1つ言いたいことが。
松井! スマトラ沖地震で5000万寄付したのに、
なんで故郷石川県のときは1000万円なんだ!1億くらい出してくれよ!

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。