しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 続☆ヨッタマック

通りすがりの方からヨッタマックの記事にコメントを頂きまして、
なんで今ごろヨッタマックかなーと考えたら、今まさにマックでメガマックを
出しているんですね。こりゃブッタマ(ック)げた~。(すごいどうでもいい)

リンク切れ即マクドナルドの介入。色即是空空即是色、なかなか鋭い指摘。
ちなみに視力回復手術が広まらないのって絶対メガネ屋さんの圧力だと思う。

不可思議マックのほうは確かにリンクが切れていますね。
一連の試みがきれいにまとまっているブログを見つけたのでリンクさせて頂きます。
http://skmwin.net/archives/000021.html
スポンサーサイト

■ サッカーネタ。

三都主が宮本と笑顔で談笑したそうな(「うるぐす」より)。それは笑いすぎ。

■ あるコンビニの風景

家の近くのコンビニで『SPA!』の「だめんず・うぉーかー」を立ち読みしていると、
やや中年に差し掛かった男と若い女のカップルが店に入ってきた。

女は「ねえ、JJ買っていい?」とJJを手に取った。

男は「うぉ、エライ露骨なもん並んどる」とか関西弁っぽくつぶやきながら
風俗情報誌『夜遊び隊』を手に取った。

いいなあ。。こういう興味関心がぜんぜん違うのに一緒にいられるカップル。

「いいなあ」と思ったのは事実だが、ここはそういうことを書き込むブログじゃない。

事件はその直後に起こる。

「かっ、これ袋とじやがな」

そういって男は風俗情報誌を乱暴に棚へ戻した。

違う!それは立ち読み防止用の青いシールであって袋とじではない。

雑誌全体袋とじなんて聞いたことないぞ!

第一そんな分厚い袋とじがあったら破りにくくて仕方ないよ!!

青いシールと袋とじの違いも認識しないで女連れて歩くなんて百年早いぜ!!!

■ 戦う戦士

オフィスデポの店舗内放送のDJが、
戦う戦士ビジネスマンの皆様にお送りする云々…」って。

そりゃちょっと違うな。

人間の行動は、しばしば「戦い」にたとえられる。

なかでもビジネスマンは、病人の次くらいに戦っているイメージだ。
(病気の場合は「闘う」が多いかな。)

だから、「戦うビジネスマン」とか「企業戦士」とか言うのだが、
DJ氏はちょっと欲張りすぎてしまった。

もっとも、間に入るのが戦士じゃなくてもっと意外な要素であれば
成り立つんだけどな。

戦う外国人ビジネスマン。戦う美少年ビジネスマン。戦うゆうれいビジネスマンとかね。

■ カリブ買い

土曜日のサンケイスポーツ。

カリブなんとかという馬を本命視する記事の見出しが「カリブ買い」!

これ、カリブ海とひっかけてるって気づくかな?競馬オヤジのみなさん。

まあ、競馬面の見出しって、読む側がどう思うかなんて頭の片隅にもない気配だよな。

今までで一番すごかったのは、ビッグバイアモンでサイフの中身倍だもんね!

ダジャレさえ言えれば、それでいいの。

■ スポニチも瀬戸山もでたらめ

中村ノリの移籍問題、かわいそうに嫌われモンは辛いな~くらいに思っていたが、
今日のスポニチの記事と瀬戸山ロッテ球団社長の説明は、いくらなんでもヒドいので、
義憤にかられて書くことに。(また台湾を棚上げしつつ)

ネタ元は、コレコレ

おおざっぱな動きを説明すると、ロッテの社長が新聞記者との雑談の中で
ノリがホントに困ってるなら獲ってあげないでもない、みたいなことを
チラっと言ったのを、記者が「ロッテがノリ獲得に手を挙げた」という
記事にした。あわてた瀬戸山は「獲得は100%ない」と否定した上で、
言うに事欠いて「あれは獲得の意思がないという趣旨の雑談だった」と
釈明したというもの。

戦略的に発言できない社長と、「行間を読む」という言葉をはき違えた記者の
合作で中村ノリをなぶりものにしました、という不幸な事件だ。

ヒドいんだよ。記事の作り方に良心のカケラも感じられない。

詳しくはネタ元を読んでもらったほうが分かりやすいと思うけれども、
とにかく社長が言っていないことを記者がどんどん読み取るの。
読み取るというか、読み替えるというか、記者の考えを詠み込むというか。

一番すごいのはココ。

年俸面も現実は厳しい。16日に中日・落合監督は「(最低保障の)440万円でも手を出さない」と話したが「500万円ってことはない。それはノリに失礼やろ。お金じゃない、1000万円でもいいということなら考える」と、獲得する場合は1軍最低保障の年俸1500万円前後を基準とする方針を示した。


・・・ど、どこをどう読んだんだ!?

まあ社長の発言自体もおかしいけどさ。
500万だと失礼で、1000万なら失礼ではないのか。
失礼さ基準でいけば、「1000万円でもいいということなら考える」という
態度のほうが失礼ではないのか。
そもそも「失礼」なんて基準を持ち込むから交渉がこじれるんじゃないのか?

「そもそも」ついでにもう一つ、この問題はどう考えてもオリックスが悪い。

60%ダウンの年俸を提示しながら「ウチに必要な戦力」と言い張って、
トレードも自由契約にもしませんって、問題がこじれてどうにもならなくなって、
他球団が動けない時期になってから今さら自由契約とは。

あえてナベツネみたいなこと言うぞ。これだから金貸し球団はダメなんだ!

中村ノリもやっかいな人間だと思うけど、今回に関しては能動的な問題行為を
何もしていない。清原みたいに、戦力外通告だっつってんのに球団と
直談判して取り消させたとか、そういう意味不明な原因づくりをしていないから、
この問題において彼は被害者である。

こうなったら、さしあたって四国アイランドリーグ入りを目指したらどうか。

ノリの希望は「国内」らしいので、「招待選手」とかなんとかいって、
お金はむしろノリがバス代出してあげるくらいの気持ちで。

そのうち12球団のどっかが、内野の補強であわて始めるかもしれないし。

アイランドリーグは年齢制限があるけど、石毛ももうこだわってる場合じゃ
ないでしょ。オリックス追い出されたもん同士、助け合えば?

■ 正誤。

すいません、3回連続台湾キツいんで、ちょっと軽いネタで行かせてください。

ちょっとこれ見て。

正解。

こっちが正しい配置。ホットの「午後の紅茶」シリーズ、レモンティーのほうが
「HOTも無着色!」で、ストレートが「HOTも低カロリー!」。

容器にも同じことが書いてあるし、色もあってるでしょ?

間違えた。。。

逆になってしまった・・・。

これ、背中合わせの自販機で見つけました。新橋駅ホームにて。

■ 一流のジョーク

台湾に行ったのは大学3年生のとき。

ゼミの先生のそのまた師匠が主催する「日本と台湾は運命共同体である!」を
合言葉とする研究会の、台湾研修旅行に参加させてもらった。

台南から上陸し、知る人ぞ知る英雄・鄭成功のほこらや八田與一の烏山頭ダム
(※ かの李登輝が慶應大学の学園祭に呼ばれたとき、講演のネタになるはずだった
日本人技師がつくったすごいダム)を見学しながら北上し、台北では研修の
メインイベントである李登輝前総統との面会、さらに台北の各省庁を訪問して
お話をうかがって回り、最終日には「老台北」こと蔡焜燦(さいこんさん)さんと
会食ができるという超豪華な旅行だった。

もう夜市とか、小籠包とか、ぜんぜん覚えてない。

まあそれは置いといて、今回ネタにするのは、総統府(台湾の政治の中心)で
お目にかかった「陳水扁総統の側近」という人物のジョークだ。

われわれ日本からの研修旅行団は、台湾人で日本の大学で教授をしている
Y先生という方が引率しておられ、先生の奥さんも一緒にいらしていた。

Y先生もお年を召した方だったので、奥さんもおばあさんだ。

それで総統の側近氏は、研修旅行団との面会で開口一番、

“日本には「畳と女房は新しいほうがいい」という諺があるそうですが、
台湾では「酒と女房は古いほうがいい」と言います。”

と、かましたのだ。


すごいよね、これ。

このハイソな冗談を褒め称えるボキャブラリーがまた貧しいけど。

まじすげーよ。

■ 祝☆台湾新幹線開通!

オレンジ色の速い奴、台北と台南を結ぶ台湾の新幹線が、紆余曲折を経て
ようやく開業にこぎつけたそうだ。

この写真を見てくれ。

20040830103105.jpg

写っているのはヘルメットをかぶった屯田八郎、そのバックはあんまり
見えないかもしれないが台湾新幹線の工事現場なのだ。

これが2004年の8月末、案内して下さった方は1年後の開業を目指すと
宣言していた。ただ工事の進み具合からして、まあ06年まではかかるだろう、
数字を大げさに言うあたりはそこはかとなく中華チックよねなどと同行者と囁き合った
ものだが、我々の予想をさらに上回る07年1月のスタートとなったわけだ。

だいぶちゃかしてしまったが、このニュース自体はホントにめでたい!
日台(にったい)友好の礎にしよう!

台湾新幹線の開通を祝して、随意!(※)

※…台湾では「乾杯!」と叫んだら文字通り杯を乾さなければならないので、
  一気飲みするつもりがない時はこう言うんだよ。

~~~
今日から3回連続で台湾シリーズ行ってみよう!

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。