しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 戦隊ヒーローの名前

TSUTAYAで『超電子バイオマン』を借りてみた。

「ナントカ戦隊なんとかマンorレンジャー」は、毎年ヒーローを5人ずつ
増やしているわけで、当然一人ひとりの名前を考えるのは大変だ。

だからデカレンジャーの赤→デカレッド、マジレンジャーの青→マジブルー
のように、ルーチンワークで名付けられることが多い。(例外もあるけど)

バイオマンの5人は、「バイオ」こそ入っていないが規則的である。

色+番号

つまり、レッドワン、グリーンツー、1人おいてイエローフォー、
ピンクファイブという名前になっているのだ。

う~ん、悪くはないがちょっと地味じゃないか??


そう、この地味なネーミングを選択したプロデューサーは、間違いなく
これがやりたかっただけだと僕は確信している。

ブルースリー。

これ、リアルタイムで観てた人があとで気付いたらショックだろうな。
スポンサーサイト

■ 平和島・暖々

「二郎とドクターペッパーで自分の調子を定点観測する」という企画は
あまりに地味すぎて頓挫してしまったが、久々に二郎ネタでいってみる。

平和島にある「暖々(だんだん)」という二郎系のラーメン屋で、
トッピングを聞かれた時に「ぜんぶ!」と言ってみた。

全部

えー、すごい食べ物が出てきたー。

山盛りの野菜が、ドローっと背脂でコーティングされたみたいになっているのね。
「ぜんぶ」と言ったからにはある程度の覚悟は決めていたが、ここまでとは。

どうも「全部ってことは、コイツには思いっきし盛っても平気だな」的な
店主のサービス精神というか、そんなものを呼び起こしてしまった感があるな。

そこで、後日ていねいに言い直してみた。

「野菜ニンニク味濃いめ脂多めでお願いします。」

野菜多めニンニク味濃いめ脂多め

同じだった。

■ よくできたニセモノ

一瞬びびる、ワンクリック詐欺の手口を公開!

まず、そんな怪しいリンクはクリックしたこともないし、
そもそもアダルトサイトなんて行ったことがない、という
君子な皆さんにために、ワンクリ詐欺とは何なのかざっと説明。

迷惑メールや、掲示板に見境なく宣伝を書いているアダルトサイトに多い。
トップページには、なるべく目立たないように「規約に同意した方のみ、
このページにあるいずれかの画像をクリックして中にお入り下さい」とか
書いてある。

大抵下のほうにある「利用規約」には、「当サイトへの入会は、規約に同意して
トップページのいずれかのボタンを押した時点で成立するものとする」などと
書かれている。

それに気付かずにうっかりクリックしてしまうと、

ご登録ありがとうございます。

などというメッセージがデカデカと表示され、

ご利用料金:38000円
※2日以内に必ずお支払い下さい。
振込口座:~

と続き、さらに「あなたのIPアドレス」などが表示される。
オマエの情報は握ってんだぞ、という脅しらしい。


しかし、最近はそういった詐欺の手口がだいぶ色々な所で紹介されている。
IPアドレスを表示させるのは簡単で、そこから個人情報にたどり着くのは
かなり困難であることや、有料コンテンツはそれと分かりやすく表示され、
ここをクリックすると料金が発生しますよ?というワンクッションを置いて
いなければ無効である、と電子契約法かなんかで定められていることなどを
みんな知っているので、ひっかかる人は激減していると推測される。

しかし、常に新しいだまし方を考案するのがネット詐欺である。

最近のは、クリックすると「登録ありがとうございます」が出る前に、
画面にこんなもんが出る。

画像1 画像2

…ちょっとドキっとするよね。
しかもコレが画面の中央のいつも出るあたりに、突如新しいウィンドウとして現れて、
ご丁寧に再生し終わると消える仕掛けになっている。心臓に悪い。

正体はただのGIFアニメで、要はパラパラマンガみたいなもんなのね。

しかしよくできてるなー。

■ やる気あんのか、ゴミマン先生

今日もまた、フリーペーパーの話題。

おしごと&クーポン情報満載の『はたらかGood JOB』に、およそ
この世のものとは思えない脱力系オリジナルキャラクターを発見した。

ゴミマン先生


・・・。ゴミマン先生??

まぁ、キャラクターをデザインするにあたって、
何かモノをモチーフにするってことはあると思うんだ。

でも、そこでゴミ箱をもってきて、さらに手足を生やし、マンと付けて人間化し、
あまつさえ「先生」という肩書きまで付けるセンスに脱帽せざるを得ない。

で、このゴミマン先生がすることはなんと「お悩み相談」。(恋愛系)

ゴミのくせに。

・・・失礼。しかも、あんまり真面目に答えていない。

「ひゅーっ、アツイね~。ヤケドしちゃいそうだぜ。」

「でもよ…、恋愛つーのはソウルとソウルのぶつかり合い。
 何が起きるかわかんねぇ。最終的には当って砕けろってコトだな。

イラストにある「次の方お入りくださ~い」と同一人物とは思えない軽薄な口調だ。

それともう一つ、『はたらかGood JOB』に言いたいことがある。

ゴミマン先生が登場する「はたらか保健室」というコーナー、
こういうのって普通、冊子の真ん中へんか、後ろのほうにあるでしょう。
位置づけとしては箸休めみたいなものだよね。

なんで4ページめにあるの??

大丈夫か、仕事探してる人。保健室登校か。


~~~
しかし毎日毎日、無料配布の手抜き印刷物にツッコミを入れて一体どうしようというのか?

と、自戒をこめて、コメントで書かれる前に書いておこう。
相手の打ちたい場所に駒を打つ、将棋の基本である。(何の話だよ)

■ バカにはなりたくない。

ポストに入っていたデリヘルのチラシが面白かったからといって、
わざわざ電話ボックスから収拾してきた屯田八郎です。

で、見つけたのがコレ。

チラシ


チラシのオモテは普通に男性用の宣伝だが、ウラが女性向けの求人広告になっている。

ラクチン、誰にでもできる、OLのウン倍稼げる、というのは常套句。

しかし「バカになる程稼げちゃうんです。」はちょっと初めて見たわ。

なんだろう、バカになる程って…。猪木か?
(「馬鹿になれ、夢を持て!」だっけか。あの大晦日に大ゴケした特番

おそらく、(普通に働くのが)バカ(らしく思えるよう)になる程稼げるのだろう。
(カッコ内は引用者がバカになる程たくましい想像力で補足)

[バカにはなりたくない。]の続きを読む ▽

■ 電波系フリーペーパーJ-tracks

すごいもん、見つけた。

表紙

表紙のタイトルの下には、

  「ニッポンを発掘しようJ!」

先が思いやられる。

メインの特集は、「武田信玄にみるJ-tracks式脱コーチング術
(山梨観光ガイド付き)」

もう何がなんだか。

脱コーチング術については後ほど触れることにして、
一番腹がよじれたのがこのページ。

不定期連載企画・今昔お仕事図鑑

第一回目の今回、紹介するお仕事は、

  お仕事ナンバーNO.2:サラリーマン
  お仕事ナンバーNO.3:武士

・・・えぇ!?

さらに武士についての説明が、

  給与:100石~

ナンダコリャ???

もう企画自体が凄すぎて細かいツッコミにまで手が回らないけど、
そもそもナンバー1はどこ行ったんだ?
あと、お仕事ナンバーナンバー2ってなんだよ。

さて脱コーチング術だが、僕がヘンな挿絵に幻惑されながらも理解に努めた限りでは、部下の個人的能力を最大限に発揮させるための手段として最近注目されている「コーチング」に対して、「現代社会の組織を動かしていく上で」本当に必要とされるであろう「脱コーチング術」を提案しようという趣旨のようだ。

具体例のページでは、上司と部下の関係をタイプA(脱コーチングタイプ)と
タイプB(コーチングタイプ)に分けている。

タイプBが「個人の能力が高まったとしても組織力の向上には決して直結しない」ので限界があるのに対し、タイプAは「部下は上司の理念、目標を理解しており、上司の強いカリスマ性に惹かれているため困難な事業であろうと進むべきラインを間違えることなく確実に達成することが出来る」らしい。

もはや、ちょっと前に紹介した「怪文書」に近い内容ですらあるが、
あえて真面目に突っ込むか。組織力アップの切り札が「上司のカリスマ性」って議論はどうなの?上司が武田信玄ならそりゃ何だってうまく行くだろうさ。

さて、ここまで来ると当然気になるのがJ-tracksの正体であるが、

「J-tracksとは、大学生が中心となり、歴史と文化の考察を
通じて日本の魅力を再発見するためのフリーペーパーである。」

と宣言されている。予備校講師の伊藤正規という人物が代表を務めており、
公式サイトなどから判断するに彼の個人的魅力(カリスマ性?)によって
結びついている団体のようだ。

冊子の1ページ目には、伊藤正規代表の「正風録~進むべき道」という
コラムがある。一部引用すると、

「今回特集で取り上げた武田信玄も熱き時代戦国の世に名をはせ今でも多くの人に尊敬されている歴史上の人物であるが彼自身が己を所謂、一般に言う幸せを手にしているとは思っていなかったのではなかろうか。幸せの基準とはつまりは人それぞれに違うものであり皆に共通したものなど存在しないのではないか。」

・・・恐ろしいほどに点の少ない文章だな。

ブログもあった。http://masaki-jphw.jugem.jp/

「『翔ぶが如く』『竜馬がゆく』この二種類を同時に読み上げ幕末から明治維新その後を同時に読み連続性の中から何かを吸い上げたい。」

やっぱり点がない。

さて、とりあえず「J-tracks」については継続ウォッチングの方向で行きたいと思う。
ちなみに、フリーペーパーは渋谷、高田馬場、池袋、お茶の水で手に入るそうだ。
青学、早稲田、立教、明治の学生諸君の無事を祈らずにはいられない。

■ ピンクチラシの意外な出典

家のポストには、いわゆる「ピンクチラシ」がよく入っている。

普通は捨てる。

そこにネタを見出すのが「しかしもかかしもない。」である。

ピンクチラシ


なんのことはない、普通のピンクチラシだが(ホントにピンクだな)、
目を引くのが中央に印刷された意味不明のフレーズ。

「せめて愛する人になってくれるなら、
 夢の中まで連れていけるはず。
 心を抱きしめて・・・(はーと)」

どこかで聞いたことがある。何だっけ???

・・・。

思い出した!堀内孝雄&桂銀淑『都会の天使たち』のサビの部分である。


せめて愛する人が隣にいたら
夢の中まで連れていけるはず
生きていることさえも切ないなら
泣いていいから…
心を抱きしめて
ひとりで抱きしめて


なるほど、それで「都会のオアシス」なのか~。

しかも、「多忙につき女の子募集中」らしい。
店が大繁盛で女の子が足りないって意味なんだろうな。
多忙だと、ちゃんと面接してくれるのか不安。

■ カレーライスかライスカレーか

経済財政担当大臣の与謝野馨が、増税と歳出削減の順序について
「ライスカレーとカレーライスの違い」でしかないと発言した。

ソース

えーーーっと、はやってるのかな?コレ。

知ってる人は知っている。
この素っ頓狂なたとえを最初に使ったのは誰なのか。

元ネタはもちろん、かの有名な福島みずほの「カレーライス演説」だ。

カレーライス演説
                  福島みずほ
自民党と 民主党は カレーライスか ライスカレーか
それぐらいの 違いしか ないじゃないか
私たち 社民党は オムライス☆
子供から お年寄りまで みんな大好き オムライス☆


というもの。
「子供はカレーも好きだろ」「カレーライスとオムライスの違いは何?」など
疑問は山積みだが、福島みずほはこのたとえがよほど気に入ったらしく、
ずいぶん色々な場所で演説に使っていたようだ。

で、与謝野かおる。よりによってそれをパクるか・・・。

この人物は見映えの悪さといい、聞かれたことに答えない不誠実さといい、
失礼ながらスポークスマンとしては最低ではないかと思う。
しかもたとえベタ、引用も逆効果。出れば出るほどイメージダウン。

なお、この記事はあくまでスポークスマンとしての与謝野かおるの
センスの無さを批判するものです。聞いた話では、彼は政策立案に
関してかなり仕事のできる人らしい。中身の判断をできるだけの実力は
いまのところ自分にはない。
ただ自民党は、政策を考える人、それを訴える人の配置を間違っていると思う。

■ 朝青龍の野望

朝青龍が出島にてこずった。

普通ならありえないことである。

ミスター電車道(でんしゃみち、注)出島は、立ち合いから
一気に押し出すだけが唯一の勝ちパターンと言える力士だ。

出島はまわしを取られた瞬間から、間もなく何らかの投げ技で
土俵に転がされるだけの、ただの白いでぶになってしまうのだ。

(そういや高校のとき白ブタってあだ名の奴いたな。あいつ元気かな。)

さて閑話休題(ナントカのひとつ覚えだな)、九州場所4日目の16日、
結びの一番で出島の挑戦を受けた朝青龍は、立ち合いで出島をガッチリと
組み止めながら、そこから勝つまでにやたら時間がかかったのである。

真相は恐らくこうだ。

釣りたかったんだけど、めんどくさくなって押し出した。

間違いない。
相手が楽なときの朝青龍は、ぶん投げるとか叩きつけるとか、
派手に勝つのが好きだ。なかでも「つり出し」や「つり落とし」という
釣り技は、実力の違いを見せつける十八番である。

組み止めた瞬間から「煮るなり焼くなり好きにして」状態に
なってしまった出島に対して、朝青龍は色気を出した。今日はこいつを釣る、と。

でも意外としぶとかった。いくら朝青龍でも片手じゃ釣れない。

そのうち長い相撲になってしまって、ちょうど土俵のはじっこに来たし
もういいや、と思って押し出したのだ。本気でてこずったわけではない。

朝青龍(本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ)、向かうところ敵なし。

■ 女の子だけじゃなく

卒論書かなきゃいけないし

読みたい本は読みたいし

試合のメンバー揃えたいし

ブログも書かなきゃいけないし

スカイシアター行きたいし

二郎もたまには食べたいし


男の子もいそがしいんです。。



・・・やはりと言うか、気持ち悪いな。

■ 男女差別

使い回しのネタですが。

男女差別?

二年前、地下鉄新宿線の篠崎駅構内のトイレにて発見。

都会では、ジェンダーフリー思想の人たちがやかましいこともあり、
男女差別についてだいぶ神経を使っているが、ちょっと外れに行くと
まだこのような差別表記が公然となされている。

男性の地位向上が待たれる。

■ 3つの「はじめて」

今日、京急の車内広告を見ていて思った。


はじめての海外旅行!

 はじめてのダイビング!

  はじめてのキャッシング! 参考サイト



並べるなっ!(怒)

とりあえず、キャッシングせずにお金を貯めて、
はじめての海外旅行なり、ダイビングなりした方がいいと思う。

■ 怪文書

僕は東京福袋というサイトで、「怪文書」というジャンルを知った。
(このサイトの「異端図書館」はハマりますよ。)

ここで言う怪文書は、六角なんとかさんが新書で書いているような、
政治家などの評判を貶めるための怪文書とはちょっと違う。

むしろ、怪文書という文字面から直感的にイメージされるものに近い、
そのものズバリ、あやしい文書のことである。

たとえばこんなものである。(これ見つけた時は嬉しかった)

禁煙運動

「怪文書」の特徴としては、①字がヘタである、②文体が統一されていない、
③書き手の激しい思い込みや被害妄想が読み取れること、などが挙げられる。

いや、木は枯れねえだろって。


もう一つ、採集場所というのもチェックポイントである。

怪文書の伝達方法は、オーソドックスなポストへの投函、電信柱への貼り付け
といった手段から、異端図書館にある「機械利用者の独白」のような驚くべき
メディアを利用したものまでさまざまだ。

今回僕が採集した「禁煙運動」は、JR南武線「矢向」駅前のベンチに
針金で束ねてくくりつけてあった。

…なぜ矢向なのか?(近くに住んでいるのだろう)
彼はどんな気持ちでこの針金を巻いたのだろうかと、僕は思いを馳せる。
そして同時に、彼の行動の不毛さを思う時、笑いがこみあげてくるのである。

この紙切れに気付き、本にはさんで後生大事に持ち帰り、あまつさえ
スキャナーで取り込んでネット上にアップするというような行動に出る
人間が何人いると言うのだろうか。(一人いるけど)

彼は今日も、すれ違う歩きタバコのサラリーマンに聞こえない程度の
小声でつぶやく。

「吸いすぎると狂人になる。」

■ ドラクエネタ

突然ですが、ドラクエの話。

ドラクエⅤは僕が二番目にやりこんだゲームではないかと思います。
(ちなみに一番目は言わずもがな、ダビスタ96です。)

ネタを披露するにあたり、このゲームのあらすじを一通り説明しようかとも
思ったんですが、長くなるしこのブログの趣旨と異なる気がするので割愛。。

前フリとして必要な部分だけ書くと、ゲーム中盤に幼なじみの♀(2コ上)と
10年ぶりに再会し、一緒に「水のリング」という宝物を探す冒険をする、
という非常に甘酸っぱいイベントがあるんですね。

ところが、幼なじみのビアンカは10年前、お化け退治に出かけたときの
レベルのまま。
(ちなみに装備もそのまま。よく着れたね、8歳の時に買った「皮のドレス」w)

とてもじゃないが弱すぎて洞窟に連れて行けません。

さらに、ドラクエⅤには「モンスターを仲間にする」という魅惑のシステムが
あって、下手をすれば物語の主人公すら、ベンチ、じゃなかった
馬車ウォーマーになりかねないのです。

それで、結局こんなことになってしまいました。

女連れの色男?

プログラムされた通り、相手は色男+女+モンスター一匹だと疑いもせず
話しかける青シャツの男。しかし相手はガンドフ、ニトロ、ピエール。

強いて言えばニトロが女っぽいかなあ、ピンク色だし。

■ TBスパム、来たる。

出ました。

前の「真琴の赤裸々日記」はアメブロに消されたので、
その後釜として始めたと思われる25歳新妻のちょいエロ日記
名前も似てますw

2番目の記事で出会い系の宣伝をする「真琴の方程式」も健在です。
コメントやトラックバックを一切受け付けない設定にしているあたり、
前回の反省を活かしているようです。

「真琴」は物書きを目指している人という設定で笑かしてくれましたが、
「明日香」は性生活に不満を持つ人妻(25歳)なんだってさ。
一番上の記事で、「この日記見てた」学生とHしましたとアピール。

10月29日に始めて31日に出会い系の宣伝を書いただけのブログを
ずっと見てた常連さんみたいな人と11月3日の午後にエッチ!展開はやっ!

しかもブログにはメール送る機能すらないので、学生さんは恐らく
明日香さんがいつも使っている出会い系サイトにわざわざ登録して
連絡を取ったんでしょう。学生さんの努力に敬服します。

■ 張本勲さん初ヒットおめでとう

三千本安打の張本勲が、マスターズリーグで初ヒットを記録した。

日曜朝TBS系「サンデーモーニング」の名物コーナーである
「球界ご意見番」で、独自の視点からスポーツ界に「喝」を入れる
ハリさんこと張本勲氏(65)が、今年のマスターズリーグ開幕戦、
東京対札幌の一回戦に代打で出場し、星野伸之からライト前ヒットを放った。

お見事!まあアッパレあげましょうや!(大沢親分風に)

ハリさんによれば、あれは星野君が先輩を気遣い、ヒット打ってくれと
ハーフスピードでど真ん中に投げてくれたおかげだと言う。
星野伸之のハーフスピードなんて遅すぎて打てないんじゃないか?

仮にそうだとしても(いや実際どうみてもそうだったけれど)、それを
現役時代を彷彿とさせる扇(おうぎ)打法で弾き返したのはハリさんである。

前に「球界ご意見番」でハリさんが言っていてナルホドと思ったことだが、
プロ野球選手のスイングはどれだけ年をとっても面影が残るものらしい。

失礼ながらハリさんの身のこなしは随分こわばって来ているのだけれども、
打席にどっしりと構え、始動時にバットを少し捕手側に寝かせてから
ボールに対して水平にスイングするフォームはそのままだった。

何はともあれ、ハリさんおめでとうございます。
この調子でマスターズリーグでも3000本打ってください!(ムリ…)

■ 人格攻撃

スキー部の試合で上越に行き、ほくほく線に乗ったときだったと思う。

車内はずいぶん混んでいるのに、二人席の横に荷物を置いて
化粧をしている、ヘンな田舎ギャルみたいな女子高生がいた。

近くのおばさんが「荷物をどけたら?」と話しかけるが、
女子高生は完全に無視を決め込んでいた。

周りの乗客も「なーに、あの女」「最近のコはやーねぇ」のような
ヒソヒソ話を始めており、車内は“この女ありえない”という意見で
一致した感じだった。

僕自身もかなり憤りを覚えていたので、
何かコイツを懲らしめてやろうと色々思案して、
終点越後湯沢のアナウンスを聞いたところで(←このへんが腰抜けではある)
みんなに聞こえる声でつぶやいた。

「だいたい目のまわりにつけすぎ。」


クスッとわらってくれた人がいた。

「マナーの悪い乗客を注意する」のとは著しくかけ離れた、人格攻撃である。
でもホントに化粧というよりコナっぽかったんだよ。

~~~
10月28日 …忘れた。
10月29日 コーヒー0、ドクターペッパー1、二郎1(武蔵小杉店)
10月30日 co1,dp1,jr1(平和島・大勝)
10月31日 co2,dp1,jr0
11月01日 co3,dp1,jr0

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。