しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 地球に優しくしようとしてみた

うちの洗面所の水道管はくさっている。
洗顔やはみがきをする時、30秒くらい出しっぱなしにする。

ぜんぜん地球に優しくない。

でも、地球に優しくしようとして、蛇口をひねってすぐの水を
使えば、かなり鉄の臭いがするので人体に優しくないと思う。

つまり、


地球に優しく、自分に厳しく


なんかエコロジーの標語みたいになってしまった。
スポンサーサイト

■ 似ているがダジャレではない

誰も気づかないダジャレ(2005.10.9)と鳩山由紀夫の引用元(2009.6.1)では、
誰も気づかない所で意図的に何かとひっかけている事例を紹介した。

脱ダム宣言 → ポツダム宣言
『プロ論。』  → プロ倫(『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の略称)
古い政治よサヨウナラ → 古い上着よサヨウナラ(『青い山脈』の2番の歌詞)


それで、今日新しいパターンを見つけた。


言葉面がヒジョーによく似ているのだが、どう考えても一方がもう一方に
似せようとしてその名前にしたとは考えにくい、という事例である。

それが、ミスター・ジャイアンツ長嶋茂雄が一塁走者で帰塁する際、
しばしば二塁を踏み忘れたことを指す「三角ベース事件」と、
凄惨な事件として有名な連合赤軍の「山岳ベース事件」である。

この2つは名前が本当によく似ている。

山岳ベース事件のほうは名前をどうしようかという問題ではなく、
彼らが山岳ベースと呼んでいた場所で起こった事件だからなので、
似せているとすれば三角ベース事件のほうだろう。

しかし、長嶋の三角ベース事件は1960年、64年、68年に3回あったそうだが、
山岳ベース事件は1972年に起こった事件であり、つじつまが合わない。

あるとすれば、山岳ベース事件のあと、無意識的な耳なじみの良さから
長嶋のベース踏み忘れを「三角ベース事件」と呼び習わすように
なったのだろうか。

「三角ベース事件」という呼称が1972年以前に出ているか、
大宅壮一文庫で調べればわかるかもしれない。

この記事を保存する前に、念のために「山岳ベース事件 三角ベース事件」で
ググってみたところ、恐ろしいものが出てきた。アンサイクロペディア

世の中には同じことを考える人がいるものだ。

■ おづけの三男

東京ドームシティのスカイシアターがもうすぐ屋内施設に取って代わられる。

さよなら興行で2000年以降の歴代のレッドが勢揃いするらしい。
http://www.tokyo-dome.co.jp/cgi-bin/schedule/User/hero_top/schedule-hero_top.cgi

歴代のピンクの変身前が勢揃いしてくれてもよかった。
でもそれじゃジャスミンが入らないか・・・。

     説明しよう。ジャスミンとは革命的にかわいい2004年放映デカレンジャーの黄色である。

ところで、上のホームページで歴代のレッドを紹介するコーナーがあり、
その中でマジレンジャーの赤の文章がこんなだった。

マジレッド
「おづけ」の三男で、高校生。正義感が強く、まがったことがだいキライ。
赤の魔法を使う“魔法使い”で、得意魔法は「れんせいじゅつ」。
“マジスティック”を変形させて、「マジスティックソード」で戦うぞ!


・・・「おづけ」って何だっけ?としばらく考えてから、彼の名が小津魁くんだと思い出した。
高校生や正義感にはルビも振らないノーケアで、なぜ小津家だけカギカッコつきのひらがな!?

子ども相手でも、ちゃんと書いて!

■ ブログ修正主義

ときどき、自分のブログの細かいところを直したくなる。

たとえば、12月14日の「今年1年を漢字一文字で」では、石原慎太郎が
漢字一文字のお題に挑戦しない理由を「私は高等な文学者だから」と
言ったことについて、

 「ものかきのはしくれ」とか、もう少しましな言葉があったんじゃないかと思った。

という感想文っぽい書き方をしているのだが、

 普通そこは「物書きのはしくれ」だが、敢えて「高等な文学者」と言うのが石原イズムである。

としたほうが、だいぶ高尚な雰囲気が出るような気がする。
そこから「チンコで障子を云々」と、「高等な文学」の内容に踏み込んでもよかった。

あるいは、かなり古い記事になるのだが、2006年2月6日の「サッチーの本を読んで」
「母親教育のイロハを学ぶという意味の野村沙知代さんの造語」だという「母稚園」について、

 それにしても、語呂が悪い。

と、テンションの低いツッコミ方をしているのだが、約3年経ったいま読み返すと、

 言わなければなるまい、語呂が悪いと。

にすればよかったと思う。
同じローテンションでも漢文調で、より重厚な印象を与えられるだろう。


・・・こういった小手先の言い回しに酔っているとろくなことにならないと思う。

■ 印象に残るフレーズ

明けましておめでとうございます。

ここで昨年書いたブログから、「印象に残るフレーズ」ベスト3を発表したいと思います。
ベスト3は文句のつけようもない、ほぼ鉄板の結果となりました。

まずは第3位!先週より1ランクダウン、日テレニュースZERO村尾氏のこの一言。

   ビデオボックスに寝泊りしているなんてびっくりしました」

大阪の個室ビデオ店火災があった日のことですが、事件よりキャスターが
そんなことにびっくりしていることにびっくりしてしまった事件でした。

続いて第2位!年末に今年2番目のビッグウェーブ到来、架空請求業者の一撃!

   「当社が貴殿の債務を請け負う事となりました」

これ、もう何回いじっても笑える気がします。

そして栄光の第1位は!やはりこれを置いて他にないでしょう。

   「資格をたくさん取って使える社会人になってください」

もう許してやれよ、という声も聞こえてきますが、今年も使える社会人になるためにがんばりましょう!
新年もどうぞよろしくお願いします。

■ 今年一年を漢字一文字で

恒例の、今年の漢字が「変」に決まったらしい。

参考リンク:今年の漢字(過去の一覧もあり)

これにちなんで、毎年色々な人がいろいろ面白いことを言う(言わされる)。

有名どころでは、2006年に安倍晋三元首相が「総理が今年を漢字一文字で表すとしたら?」
と聞かれ、「私にとって"変化"の年でした」と返答、「一文字ですが」と再度聞かれたのに対して
「"責任"ですね」と二文字で答え、失笑を買ったのは記憶に新しい。

今年もこのニュースが流れると、定例会見で記者が石原都知事にその話題をふった。
そのやりとりがちょっと面白かった。

参考リンク:石原都知事と記者のやりとり

知事は「今年の漢字・・・」と聞くやいなや「興味ないんだよ、おれは。短絡的でだな・・・」と、
それを待っていたとしか思えないほど食いつき、「いろいろなことがありましたからね。それは
好きな人に任せておけばいい。坊さんがいつもやるらしいけれども、それで坊さんは何だって?」

と、一通りバカにしたあと一応聞いてやるみたいな調子で続きをうながした。

このあたりの石原節は軽妙で、否定しておきながら付き合ってくれるあたりも好感が持てる。

記者が今年は「変」だと伝えると、「変じゃない、むしろ乱じゃないか。乱れてきたんじゃないの」と、
逆に今年の漢字を提案した。(ちなみに「乱」は、公募したランキングで5位。)

続いて記者が「今年を一言で表すと何か」と質問すると、「やらない。私は高等な文学者ですから。
一言ってね、そんなもの一言でくくれるもんじゃない、世の中は」
と、ものすごい言い方で拒否した。

「ものかきのはしくれ」とか、もう少しましな言葉があったんじゃないかと思った。

■ とっさの一言

会社で推進されている「コールド業務」に対抗して「コールド企業」というのを考えた。

いけね、凍っちゃった。テヘ。

■ 関口宏のマイブーム

「サンデーモーニング」で、ハリさんの示唆に富む素晴らしいコメントに対して
「ホントにそうですか?」などと要らないちゃかしを入れているのが関口宏である。

この関口さんが最近、「ガイジンっぽい日本語」を自分でやるのが
いたくお気に入りであるらしい。

きっかけは言うまでもなく、昨年度の流行語大賞にもノミネートされていた
北海道日本ハム・ヒルマン監督の「シンジラレナーイ」である。

あれ以来、ヒルマンの他にもバレンタイン監督やブラウン監督やオシム監督が
スポーツコーナーのニュースに出てくると、なぜか大御所・関口さんが
ガイジン口調で通訳を始める。

それがまた、ぜんぜん特徴をとらえていない。

思い出してみてもらいたいのだけれども、ヒルマン監督のシンジラレナーイは、
最初のシと最後のナーイに力点が置かれていたのではないかと思う。

ところが関口さんは、昔から使いまわされて手垢にまみれたような、
「ワータシ日本語シャーベレマセーン」
と主張するガイジン(お前しゃべってんじゃねーかと脳天叩き割りたくなるような)の
発音を踏襲し、シンジレナーイとやるのである。

関口さんには地位に甘えることなく、よく観察する目を持ち続けてもらいたいと思う。

■ 新しい風になって

先週、カゼをひいて会社を休んだ。

週末でほぼ治ったはずだったのだが、昨日からまた喉がおかしい。
ぶり返したと言うよりも、前とは別の菌をもらってしまった感じがする。

それを人に説明していたら、こんなフレーズになった。

「おれ、新しいカゼになった」

・・・なんかカッコ良くない?w

“新しい風になる!”と言い切ってもいいし、“新しい風になって…”と
続きに含みを持たせても、なんだかさわやかな響きだよね!

早くカゼ治せよ→おれ。

■ ×花を添える→○花を供える

東上線の踏み切りで女性を助けに行って電車に轢かれた警察官が、
意識の戻らないまま亡くなったというニュースについて。

本当に悲しい話ですね。

逆に命は助かったらしい、自殺しようとしていた女性もこれから辛いだろうと思う。

そのニュースのときに!こういう間違いはやめてほしい。

「警察官の家族が事故現場を訪れ、花を添えました。」


・・・。

花を添えるのは総合格闘技のラウンドガールとか、大学野球のチアリーダーとか。
確かにそういう言い方はあるけどぜんっぜん意味が違うよ!

お花をお供えしたんでしょ。頼むよ、NHK。

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。