しかしもかかしもない。

未練ごころを 捨てる季節はずれの 女ひとりの旅です・・・(田川寿美『女…ひとり旅』より) Neither Shikashi nor Kakashi!!

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 巨人、大鵬…

今日の『サンデーモーニング』、球界ご意見番のゲストは短距離の朝原宣治さん。

(大沢親分が亡くなってから、喝あっぱれは張さんともう一人、元スポーツ選手のゲストでやっている。これはいいやり方だと思う。)

で、ちなみに朝原さんはどこのファンですか?と関口さんが聞いた。

ぼくは小さい頃は巨人ファンで…。

ああ、じゃあ目玉焼きだ。



………。




断片的すぎるので確証はないが、おそらく玉子焼きの間違いだと思う。
スポンサーサイト

■ 寄付金の数え方

ジョルダンニュースというサイトに「久米宏が個人ではダントツの2億円を寄付」という
ニュースが出ていて、「芸能人や政治家は久米さんを見習ってもっと出せ」的なコメントが載っていた。

ひまだったので、

「芸能人や政治家だってみんなそんなに(久米さんほど)お金持ってないと思うよ」と
良識的なコメントを書こうと思った。



…のだが、



ほぼ入力し終えたところで思い直してぜんぶ消して、


「百万円以上はみんな“いっぱい寄付”で良くね?」


に落ちついた。

■ 大野豊に痛烈な皮肉を浴びせるWikipedia

たまたまウィキペディアで広島カープの大野豊を調べたら、
コーチになってからことがボロクソに書かれていて面白かった。

この書き方だと、ブラウン監督が100%正しくて、ブラウン退任後の
野村監督-大野コーチ路線がまるっきり無能ということになって、
あまりに公平性を欠くので直されるんだと思う。

でも面白かったので引用する。

2010年より、野村謙二郎が監督となる広島のヘッド兼投手コーチに就任したが、前監督マーティ・ブラウンが導入した練習時の投げ込み制限等を撤廃し、先発投手には1試合で7~8イニングを投げるよう求めた。さらにストライク先行を奨励していた前年までの配球を根本的に見直し、バッテリーには「ボール球を有効に使って考える」配球を求めた。就任直後の秋季キャンプでは、宮崎充登に対してフリスビーを使ってユーモアのあるアドバイスを送るなど、ブルペンで熱血指導を行った[2]。

しかしオープン戦時点において先発投手陣の調子は全く上がらず、それをカバーするためにペナントレース開幕時には中継ぎ投手を多くブルペンに配置したが、マーティ・ブラウンが行ったブルペンでの球数制限や、試合前にあらかじめ登板する中継ぎ投手を決めておく等、長期的視野に立ったプランはほとんど無く、代わりに「ブルペンで調子の良い投手から起用する」という方針を取った。そのため好調な中継ぎ投手は試合展開に関わらず連投させられることになる。その結果、シーズン半ばにして故障者が続出し、さらに肩痛のため2軍で調整していた大竹寛を、「尻を叩いて(復帰を)後押ししたい」と半ば強制的に1軍に復帰させるも再び肩を故障させるいう大失態を演じた[3]。

調子が上向かない投手陣については、地元マスコミからも、前年と同様に中継ぎ投手の役割分担を明確化するよう再三の提言がなされたが[4]、こうしたマスコミ・ファンの提言・疑問に関しても、2010年シーズン中、ほとんど省みることはなされなかった。また試合後の大野のコメントからも、コーチとしてどのような指導・対策を行うのか、具体策を伺うことはできなかった[5]。

こうして、キャンプから自己流の調整法を貫いた前田健太[6]が投手3冠(勝利数・防御率・奪三振)のタイトルを獲得する奮闘を見せたものの、最終的なチーム防御率は前年から1.5点近く悪化させて4.80となってしまった。

このような結果に終わったことで、投手陣指導の最高責任者として去就が注目されていたが、大方の予想に反して広島球団はヘッドコーチの肩書きを外す形で投手コーチとしての残留を発表している[7]。大野自身は「今年は(選手を)大人扱いしすぎた。原点に戻って高校生のようにやらせる」と語っており、日南秋季キャンプで、天福球場の外野後方にある小高い山に投手陣を登らせ、恥も外聞も無く定期的に絶叫させることでマウンド度胸をつけさせる「山頂絶叫トレーニング」[8]を行うことを予告し、さらに頭脳的な投球を可能とする「読書トレーニング」[9]を提唱するなど、早くも2011年シーズンの巻き返しに向けて緻密な構想を練っている。



綿密な構想を練っている・・・。

■ 八百長問題について、七五調で書いてみた

近ごろ都にはやるもの

大上段から集中砲火

お前はそんなに偉いのか

そもそも相撲は好きですか

■ トイレの標語


まさか、また工場に行くことになった。

カイシャに入ってすぐの実習で、工場のラインで4ヶ月働き、
身体がつらいのとお役に立てないから肩身が狭いのもさることながら、
机とか無いくせに「10分早く来て上司の机を拭け」という意味不明な
説教を食らい、コミュニケーションギャップで苦しんだりしたのは
はや4年も前のことですね。

工場がいそがしいから若い人はみんな工場行けって。
そんなにいなくても大丈夫に見えるかなぁ。

情の切れ目が縁の切れ目、ということは大いにありうるよね。

とりあえず、今日入った寮で心を打たれた標語。

■ 今年の漢字2010

毎年実は「今年の漢字」に応募してるんだけど、
選ばれるとしたら今年しかねえ!って思って
がんばったけどムリだろうなぁ、「菅」。
妻にもアンタもう一生無理ねって言われたよ。

以上、今年の漢字を聞かれて「行」と答えた
お遍路首相菅直人氏の妄想コメント劇場でした。

■ 仙石官房長官のための弁明 ~自衛隊は暴力装置です!~

まず、「暴力」あるいは「装置」という言葉に不快感を持たれた方には
お詫び申し上げます。自衛隊の皆さんの職務に私は敬意を持っています。

しかしながら、自衛隊は「暴力装置」であるということについては、
私の認識というより、事実であるということを申し上げたいと思います。
自衛隊に限らず、国家、そして各国の警察、軍隊も「暴力装置」であります。

そもそも国家とは、その領域内で暴力を独占することによって成立します。
国家に暴力を独占するだけの力がなく、有力者がそれぞれ自警団を持って
勢力争いをしている場所は無政府状態などと呼ばれます。

わが国においては、国家だけが法律を制定し、従わない人を捕まえて
牢屋に入れることができます。それを保証するのが警察という暴力装置です。

たとえば、殺人は暴力に違いありませんが、
殺人犯を数人がかりで取り押さえ、手錠をかけてパトカーで連行するのも、
価値判断を抜きにして行為だけを観察すれば暴力行為にあたります。
これを「暴力反対!」と言って非難しますか?

秩序を守るために、国家だけが警察を持ち、暴力を独占する必要があるわけです。

一方、警察が内に向けた暴力装置だとすれば、外に向けた暴力装置が自衛隊です。

マクロ的に見れば、国際社会には国内における警察のような、上に被さった
絶対的な暴力装置がないので、各国が自分の身を守るための軍隊を持っている、
という構図になっています。ある国が領土的野心抱いて別の国に暴力を用いたとき、
相応の暴力をもって報いる、または他の国々とも協力して袋叩きにすることができる
だけの暴力装置をもつことが、実際に戦争を起こさないための歯止めになります。

  暴力装置を持たず、他国が持っていても日本はそれを持たないことが平和に
  つながるという考え方(非武装中立)も立場としては尊重しますが、それはまた
  別の機会に議論しましょう。

ミクロ的に見れば、自衛隊の役割は防衛だけでなく国際貢献にも広がっていますが、
イラクやアフガニスタンのような無法地帯に派遣できるのは、自衛隊のように武器を
持った「暴力装置」に限られます。民間の有志でつくったお助け隊の活動範囲は、
自衛隊や他国の軍隊が秩序を守っている場所に限られます。

  危険地域に向かう自衛隊に対して「非武装中立」にのっとって武器を取り上げ
  ようとする人(もうあんまりいないと思いますが)については、殺人未遂罪で
  訴えたいですね。話がそれました。

以上のように、自衛隊や警察が「暴力装置」であるというのは事実であって、
暴力装置であること自体が存在意義なのです。
そして暴力装置だからこそ、それらが暴走しないための規則や心得が
整えられているのです。例えばシビリアンコントロールとか。

「暴力って言われると傷つく!」
「装置って言い方が気に入らない!」
と感じられた方には、以上のような背景でこの言葉を用いたことについて
説明を申し上げ、ご理解をいただきたいと思います。

■ 留守電を番記者に聞かせるバカ

民主党の党首選で菅直人がやや優勢らしい。
国会議員票で互角らしいから、サポーター票の菅有利は決まっているので、
これから勝ち馬に乗れ!的な効果(なんつったっけコレ)で一気に
流れがかたむくんじゃないだろうか。よかったー本当によかった。

夕刊紙は「菅原文太が小沢支持激白」とか意味不明なキャンペーンを
やっていたけどアレは何なんだろう。わしは小沢支持じゃけえの。

あと、日曜のバンキシャ!で、民主党の誰かが提供したと見られる
「自分への支持を求める菅直人からの留守電」が流されていた。

新人議員だか何チルドレンだか知らないけど、身内の連絡を、
まして所属する党の党首からの留守電をマスコミにホイホイ
あげちゃう奴なんて今すぐ死んじゃえばいいのにね!

至誠に悖るなかりしか。

byアナクロ屯田八郎

■ がんばれ菅直人

あーーーやだやだやだ小沢やーーだーーーー。

そんなに好きではないけど「しかしもかかしもない。」は菅直人を応援することにしました。

理由はもちろん小沢一郎にだけは総理大臣になって欲しくないからです。

いや、壊し屋でものんびり屋でもいいのだけど、この人は政策が適当すぎるよ。

元々は「小さな政府」論者だったんでしょ?


せっかく民主党が一年間政権を担当して、無理な政権公約を修正して
消費税の議論を始めようというのに、今さら上げ潮派・夢見がちマニフェストに
戻すってどういうことなんですか。

あーあ、やだなあ。小沢総理とか気持ち悪いなあ。

■ ブックオフ店員の一言

五反田のブックオフに行った。

二階に行く階段に、ブックオフで本を売るとアフリカに
図書館が建ちます、というポスターが貼られていた。

いいことだけどなんかうそくさいと思った。

階段を登ってレジの前を通ったら、バイトの女の子が
二人で話していた。


「アレ中古で買う?あたしなら新品で買うわ」


図書館建てたり、清水ナントカさんの回し者トークの
代わりに社会貢献してます的なアナウンスを流したり
ブックオフもがんばっているのに、全てを覆す強烈な一言だった。



あたしなら新品で買うわ。

■ 元々相撲がキライな人が、放送中止を声高に叫ぶ

野球賭博問題に絡み、NHK大相撲中継の中止が取り沙汰されている。
この種の不祥事が報じられたとき、湧いて出るのが便乗する人たちである。

つまり、元々相撲に興味がない人か、あるいは相撲の時間に家にいる女の人で、
太った裸の男のとっくみあいをテレビで見せられるのを内心苦々しく思っていた人が、
ひまなのをいいことにNHKに電話で抗議しているのだ。

ぜんぶとは言わない。心の底から相撲を愛していて、それでも角界の体質改善のため
一時的な中継の中止が必要と考えている人がいないとも限らない。

ただ、相撲ファンで年に6回の場所を楽しみにしていて、それなのにプレーヤーの何人かが
野球で賭けをしていたからといって、ならば中継を中止すべきだと主張し、場所中に中継や
スポーツニュースを見ているはずの時間に他のことをして過ごせる人の気持ちが分からない。

自分の楽しみを削るのは、代わりにお金がもらえるか、他にもっと楽しいことがあるときだ。
18時に彼女と駅で待ち合わせなら、結びの一番を録画予約して出かけることもありうる。
琴光喜の野球賭博と引き換えに相撲が見られなくなって、いったい何になると言うのか!
相撲が好きな人ならば、まずその喪失感が先に立つのが当然である。
安易に削ってもよいと言える人は、てんびんの反対側に元々おもりがないのだ。

とくに許せなかったのが、確か先々週の『サンデーモーニング』の「街の声」の女性。

「とても見る気がしないですよね」

とか言ったのだ。

琴光喜が野球賭博をしていなければ相撲を見てあげてもいいけれども、相撲界が不祥事を
繰り返すから、私はとても相撲を見る気がしなくなってしまう。
私たちは善良な街の人は、相撲界が襟元を正すかどうかで、見るか見ないか決めるのだと。

この女性が角界の体質に関わりなく相撲を見ない人であるのは火を見るより明らかである!

街でインタビューをするならば、現在の横綱と好きな決まり手、印象に残っている一番を
聞いてからにするべきだ。

■ 政権交代に寄せて、政治的な発言をする一般人の必要性について

鳩山首相がやめた。

おれ、あの人が本当にきらいで、9月の二酸化炭素25%削減のときに
書いたけどそのあともやることなすこと全部気に入らなくて、
ブログに書いてもただの悪口になってしまってネタ的に全然
面白くないから書かなかった。(←更新がとろい言い訳)

さて、菅首相は鳩山前首相よりはいいと思う。
悪口がうまいし、野菜もよく食べる。


↑我ながら悪意にみちみちていてひどいと思う。


菅直人について書いた記事が確か1コあったと思って探してみた。
「二流だよなぁ、菅直人」

5年もブログやっていると色んなこと書いているものですね。
要約すると、06年の民主党代表選で小沢に負けた菅の表情が
気に入らなかった、ということらしい。


我ながら実に主観的でブログらしい内容だと思う。


さて、気を取りなおして菅直人について書いてみる。
菅直人の問題は、セレブをセフレと言い間違える脇の甘さである。
政治的な発言をする者は選挙に出なければならない、という
大きな勘違いをしていることである。

菅はこの手の発言を少なくとも2回やっていて、以前のものだと2001年、
「新しい歴史教科書をつくる会」に対して、

つくる会が韓国との問題を作った。政治集団なのだから選挙に出るべきだ。
ひきょうだ。


と発言。

最近では2009年9月に国土交通省の官僚に対して、

文句があるなら国土交通党をつくって選挙に出なさい!


と絡み、30分以上怒鳴り散らしたらしい。
参考ブログ:「いざ酔い日記」 「教育の崩壊」

リンク先によると佐藤栄作元首相も「バッジをつけてからモノを言え」と
言ったことがあるそうで、権力の側にいる人間が陥りがちな考え方なのかもしれない。

ひるがえって、自分も最近よく「選挙に出れば?」と言われる。
うちの会社はみんなノンポリなので、民主党がだめだとかそういう話を
している人には、「じゃあ君が政治家になればいいじゃない」という
扱いを受けて終わることが多い。

これはたいへんな間違いである。この住み分けで行くと
政治的な発言をする人は被選挙権者、しない人が選挙権者となり、
だーれも政治をチェックしなくなって、やりたい放題となるのだ。

選挙に出ない人のなかに、政治的な意見を持ち、機を捉えて政治家を
つっつける人がいてこそ、民主主義がやや機能しはじめるのである。

菅直人に言いたい。

選挙に出ないと政治的な発言ができない
世の中では、民主主義が地盤沈下しますよ!


いけね、ぐだぐだにしようと思っていたのに意外ときれいにまとまっちゃった。

というわけで、菅さんもカイワレをたくさん食べて立派な総理大臣になってください。

■ 海賊っぽい名前のメガバンク

ガラにもなく『日経マネー』とか買ってしまった。

日経マネー

なんか黄色い地に赤い囲み、白い字で「マネー!」って
書いてあって購買意欲をそそられたのだ。(←牛とかと同じ)

そして、例によってどうでもいいところに目がいく。

三井純友銀行


「メガバンクの優遇サービスをマスターせよ」というコーナーの注意書きの中で、
三井住友が三井純友になっているのだ。

これは何のスミトモかといえば、言うまでもなく平安時代に反乱を起こした、
貴族なうえに海賊の藤原純友(ふじわらのすみとも)さんだ。

純友さんだ!っていうほど詳しいわけではないが。
21世紀のマネー誌で取り違えられるとは、海賊も財閥も思わなかっただろう。


・・・。


海賊と財閥をいっぺんにやっつけたら、バツゾク打破だな。


・・・。


屯田八郎はマネー誌を買って読んでも中身はあんまり理解していません。

■ 地球に優しくしようとしてみた

うちの洗面所の水道管はくさっている。
洗顔やはみがきをする時、30秒くらい出しっぱなしにする。

ぜんぜん地球に優しくない。

でも、地球に優しくしようとして、蛇口をひねってすぐの水を
使えば、かなり鉄の臭いがするので人体に優しくないと思う。

つまり、


地球に優しく、自分に厳しく


なんかエコロジーの標語みたいになってしまった。

■ ビルを建てる理由

京浜東北線の上り列車が品川駅を発車したところで、
親子と思われるおばさんとおばあさんが話しはじめた。


「あら、ちょっと見ない間に大きなビルができたのねえ!」


おばさんは電車から見えるNTTドコモ品川のビルを指して言っているらしい。


「そりゃあそうよ!」


おばあさんは、なにか知っているような言い方だ。


「だって、平らにしとくのはもったいないもの」


・・・そういう原理原則をふりかざして来たか、おばあさん。

■ おこられたに違いない

先週の週刊SPA!の、坪内祐三と福田和也の連載対談に気になる部分が。

二人のやり取りは小沢一郎と検察の戦いがどうなるかという話から入って、
民主党の議員がもっと失言するべきだという主張が続く。

そこから例によって明治40年代の「日糖事件」を引き合いに出したり
二人にしか分からない会話を始めるのだが、その前にへんなことが
書いてあるのだ。

「失言。禁断の響き。小沢幹事長の失言を、ぜひ耳にしたい、夜の7時でございます」

まったく意味が分からない。

「失言」なんて禁断の響きというより手垢まみれのマスコミ用語だし、
坪内は民主党議員がもっと好き勝手言えば解決の糸口が見えると
言っているのだから小沢の失言とは別の話だし、「耳にする」という
表現もなんかひっかかるし、「夜の7時でございます」まで来ると、
ソーザット構文ならぬソーホワット(だから何?)構文である。

(…つられてつまらないことを書いてしまった。)


対談の前とも後ろとも全然噛み合わない。


ここだけ字体が違うので、担当の人が思いつきで書いてしまったのだろう。

福田和也におこられなかったか心配でならない。

■ 日本から世界へ、ついでに地球へ、この際だから宇宙へ!!

鳩山首相の施政方針演説と、ラーメン二郎の社訓、
そしてオウム真理教の『尊師マーチ』は似ている。

鳩山首相 施政方針演説2010.1.29(抜粋)

いのちを、守りたい。
いのちを守りたいと、願うのです。
働くいのちを守りたい。
世界のいのちを守りたい。
地球のいのちを守りたい。


オウム真理教『尊師マーチ』

尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
日本の尊師 世界の尊師 地球の尊師
尊師 尊師


ラーメン二郎三田本店 社訓

五、味の乱れは心の乱れ、
  心の乱れは家庭の乱れ、
  家庭の乱れは社会の乱れ、
  社会の乱れは国の乱れ、
  国の乱れは宇宙の乱れ


だから民主党政権は宗教じみているとか
そういうつもりはないのだけれど、自分が
良いと思ったことは、その理念や原則を
「地球」とか「宇宙」とかまで無自覚に広げて
しまう思考様式は似ていると思う。

■ 今年の漢字2009

今年の漢字が「新」に決まった。

これに先立って亀井大臣が、今年は「乱」がふさわしいのではないかと
去年の石原都知事とまったく同じことを言ったらしい。参考(過去記事)

さらに前原大臣は今年の漢字に「変」をチョイスするというヘマを犯した。
なんと去年の漢字をもってきてしまったのだ。

安倍元総理が二文字で答えてしまったときにも思ったが、
これ絶対聞かれるのだから用意しておけばいいのに。
本人は忙しくても、スタッフとかが。

日本のオムライス国務長官こと福島大臣は「新」を的中した。

ところで、今年の漢字って無理に社会全体を一文字で表そうとするから
「変」とか「乱」とか「とにかくたいへんでした」系のセンスに偏るのであって、
もっと個人的に選ばせてあげたほうが面白いのではないかと思う。

福島大臣なんか、「今年はじめて閣僚になったので、“臣”だと思いますぅ」
とでも言えば、とたんに好感度がアップすること間違いなしだ。

これに近い答え方をしたのが安倍元総理で、「“責任”ですね」という
方向性は良かったのだが、なにぶん二文字なのがタマにキズだった。←しつこい

重責の「重」とか、孤独の「孤」とか、腹痛の「腹」とかにすればよかった。

(結局最後いやな気持ちになる終わり方になってしまった。今年の漢字は「省」にします)

■ 24時間無料相談サービス

いつものようにクレジットカードの比較サイトを見ていて、注目のサービスを発見した。
クレジットカード@比較

さくらJCBゴールドカードの特典

24時間無料で、医師・看護師から電話で健康、医療、介護、育児などの相談を受ける事が出来ます。


困っているのはこっちなのに、医師・看護師から電話で相談されるのだ。


夜中の2時とかに。

■ 25%削減するって自分から言っちゃいました。テヘ。

始まって間もないけどもうやだこの内閣!この総理!!

鳩山首相は2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減すると表明した。
(ただし「すべての主要(排出)国」の参加が日本の約束の前提と強調)


愚の骨頂である。


この手の問題は、国際会議の雰囲気が25%削減で固まりつつあるのを察知してから、
「しからばわが国も…」とそーっと手を挙げるべきであって、自分から先に厳しい数字を
言ってしまうなど、とんだおまぬけさんだ。


まして「国際公約」ってなんですか。


「公約」は自分が当選した暁には○○を実行します、という形で行うもので、
いわば投票と政策実現の取り引きである。

○○を実行して欲しいと思っている有権者の票を獲得する代わりに、
実行できなかった時には約束を守らない政治家として軽蔑されるリスクを負う。

 (だから、政治家が公約を守らないとよく言われるが、それは公約を守らない
  政治家を次の選挙で落としてこなかった日本国民に責任があるのだ)

対して今回の気候変動サミットには、そういった投票は行われない。

つまり、わが国には何のメリットもないのに、約10年後に
削減目標の達成を言いだしっぺとしてより強く求められるリスク、
排出権を買って達成してもエコノミックアニマルとか陰口を叩かれるリスク、
達成できなかった場合には「約束を守らない国」のレッテルを貼られるリスク、
これらを一方的に負ってきたことになる。

地球のためとか、どんなに清らかな動機があっても、やってはいけないことである。

喩えるなら、
「わが家では明日からゴミの分別をカンペキにやります!」
と近所に触れ回るお父さんのようなものである。
実際に負担が増えるのはお母さん(=国民)であることを考えれば、
キチガイ沙汰と言っても過言ではない。

まして、この会議の席上で彼がどう思われたか考えてみれば、

     先進国「余計なこと言いやがって、ええかっこしいが!」


  発展途上国「こいつなら更に譲歩を引き出せるな・・・」


であることは疑えない。

未来のリスクを負ったうえに、たった今もある勢力からは嫌われ、
もう一つの勢力からはバカにされているのだ。


そして、この「25%構想」は国際会議の場で突然発表されたものではない。

選挙直後に鳩山氏が語り、その時も物議をかもしている。

あれから何日もあったのに、民主党内で「それは言うべきではない!」と
命がけで止める人間が誰もいなかったことになる。

鳩山、岡田、小沢の三氏は三人とも理想主義者だから、
この発言のヤバさ加減に気づかないのだろう。

しかしもかかしもない。は民主党を絶対応援しません。

重大ニュース


屯田八郎は 会社を辞めました。

(2011/2/8 up) Finetoday

カウンター

200記事突破を記念して、カウンターを
つけてみました。

おすすめ記事

我ながらよく書けた記事はこちらです。

07年2月4日
屯田が行政と対決します。

07年1月25日
彼女連れの男の決定的なミスを指摘。

06年8月17日
野茂の女房役が心配です。

06年4月10日
ベストセラーなんてろくなもんじゃないです。

06年3月19日
もう少し、アタマを使って生きてほしいものです。

05年11月22日
ピンクチラシと桂銀淑。

05年10月1日
飽食の時代を鋭いタッチで描きました。

05年8月25日
ブログを始めて3日目のエロ本ネタ。

~~~~~
NSKけいじばん

プロフィール

屯田八郎

  • Author:屯田八郎
  • 趣味は鼻唄、草野球。
    カイシャ5年もよく
    続いたけど、さよなら。

    好きなラーメンは野菜多め。
    詳細はこちら

ランキング









カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Bookmark

お友達のブログです。

た・たむ!
お世話になっている阿是さん。
作家みたいです。

シンジラレナ~い本
ショーンズさんがついにブログ開設。
言いたいことは自分のブログに
書けばいいとようやく気づいたらしい。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

My リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。